スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もふぁっ。


娘の頭に顔を突っ込んで眠る幸せ♪
もはもはーっ\(≧▽≦)丿

コレ猫どもにもアリね。
もはもはーっ\(≧▽≦)丿

スポンサーサイト

うはぁ!

先週の金曜日に仕事中に紙で指を切った。
痒いと痛いの間のアレですよ。
誰もがご存知のあの痛みですよ。
しかも結構シューーーー!!と。

日常生活も不自由だったので週末もずっと絆創膏。
今朝出勤前に絆創膏を交換。

お昼ごろ、ふと左手人差し指の絆創膏がウザくなって
外して傷の様子を見ようとしたら傷が無くなってる!!

・・・ええ。傷の回復が早かったのね。
というオチが欲しいところなんですが。
・・・ええ。傷は左手の「中指」だったわけですよ。
ええ、そうですよ、傷の無い指に今朝絆創膏を巻いた
馬鹿がここにいたわけですよ。




アリエナイ・・・自分。







日帰りツアー

職場の人たちと日帰りバスツアーなるものに参加した。
子育てが終わったおばちゃんたちがこぞって参加するような
どこにでもあるお得感万載な激安バスツアー。その名も

「ミステリーツアー」

当日まで行く先は秘密。そしていよいよおばちゃんの仲間入りである。
人生初の体験だったので結構楽しみにしてたんだけどやっぱり
おばちゃんしかいなかった。30代のあたし達が「お嬢さん」
な世界である。

タイムスケジュールはみっちり詰まっていて行く先々ではプチお土産
(正直イラネーヨみないなもの)。夕方には猪汁まで振舞ってくれた。
これまた初めて食べるのでワクワクしてたが猪はどこ?!ねぇどこ?!
と探してようやく見つけた1cm角くらいのカスが2つ。
味はわからなかった。なによりその巨大な鍋が印象的で
写真撮っちゃったじゃまいか。


    ↓  コレ  ↓
PA0_0010.jpg


自分では絶対にチョイスしないであろう観光ポイントなんかが
目白押しで、ある意味未踏の地的な楽しさがあった。これが
楽しかったと思ってしまうのは、あたしがおばちゃんに仲間入り
したからなのか?!そうなのか?!


素敵な景色のお寺なんかにも連れてってくれたのでちょっと嬉しかった。
これは参道。お宮参りの参道って趣があって好き。

PA0_0013.jpg


子守唄

多分何度も何度も何度も何度も歌うことになるだろうと予想し
好きな歌且つ、静か目な歌にしようと歌い始めた子守唄。

「君を乗せて」@天空の城ラピュタ

娘が生まれてから延々と歌い続け飽きてきた。
そして一曲歌ったくらいじゃ寝る気配もない。
日に日にレパートリーが増えた。
娘現在1歳と9ヶ月。

「君を乗せて」@天空の城ラピュタに始まり
「残酷な天使のテーゼ」@新世紀エヴァンゲリオン
「暁の車」@機動戦士ガンダムSEED
「水の星より愛を込めて」@機動戦士Zガンダム
「めぐる季節」@魔女の宅急便

なんでかなー。なんで全部アニメソングかなー。








夕暮れ時の曇天と歩道

200701241652442

20070124165244



冬の景色

20070124165237


会社の帰りに公園をお散歩。
冬の公園もまた綺麗。


出産おめでとー♪

前の職場の女社長(ちょっと違うがそんな存在)のブログに妹さんが先日出産したと!おめでとう☆
いや出産ってなんかこー、めでたいねぇ♪
何かが「生まれる」ことってとっても嬉しいことです。

そしてそのブログを読んでいてふと自分の出産の時のことをリアルに思い出してみた。
ついでに記録しとくか、ということでブログしときます。

出産日記

2005.04.29
■午後(何時かは忘れた)■
臨月のお腹を抱え頻尿に苦しみつつ、いつものように「またおしっこー」とトイレへ。ナプキンがピンク色に染まっていてびっくり。キターーーーー!!これが「おしるし」ってやつか。旦那に告げるとむしろ旦那のほうがソワソワ。

2005.04.30 
■2:00■
当時ハマリにハマっていたネトゲでフレに「また明日~」などと呑気に告げログアウト。多分6時間はゲームしてたはず。予定日は明日。まだかいな、呑気な子だ。さて、今日も寝るかな。と優雅にお茶など飲んでいた。

「ん?なんか前駆陣痛より痛いかも」
そんな痛みが数十秒来た。でも一週間ほど前駆陣痛が続いていたので気にせずまったり。すると10分程後にまた同じ痛みが。
「菅ちゃーん(←旦那の愛称)来たかもー。」
「時間計ってみる?」
そうして痛みが4~5回来る頃には「こりゃ間違いなく陣痛の痛みだわな」と確信。とにかく人生で経験したことない種類の痛みだった。

■3:00■
病院へ連絡を入れ、痛みの間隔を話すと「入院の準備をして来てください」とのこと。おおおお!いよいよ出産か!!!アタタタタ。みたいな感じで旦那と一緒に病院へ。

■4:00■
個室へ案内され、ローブみたいなやつを着てくださいとお着替え。そのまま色々と問診され、赤ちゃんの心音と陣痛の大きさを測るとかいう変な器具を装着される。これ、陣痛が来るたびに数値で見えるんだな。数値が上がると陣痛も痛い!!しかも仰向けになってないと測定できないというサイアクのもの。
「あの、これ、ウザいんですけど付けてないと駄目なんですか?」
と看護婦さんに訴え、結局外してもらう。この頃はまだ痛いけど余裕。

■5:00■
まだまだ時間がかかるだろうということで旦那一時帰宅。一人きりの病室で不安がないわけではなかったが、特別することもないし今のうちに寝とくべ。

■5:30■
ん?なんか生暖かいものが・・・おしっこもらした・・・?わけないよな。ナースコール、ナースコールっと。「なんか破水したっぽいんですけど。」ちょっと見てもらったが、破水はしてるが問題ない量なのでナプキンを換えてくれた。そしてそのまま寝てしまった・・・らしい。

■7:00■
起きたら7:00だった。「朝食ですよ~」で起こされ「どうですか?」と聞かれるも「寝てました」。って、ヲイ、陣痛は???「なんか痛くなくなっちゃったんですけど」と看護婦さんに言うと「初めてのお産の方は緊張で陣痛が消えちゃうこともありますから。まぁのんびり待ちましょう」とのこと。一時帰宅させられなかったのでヨカッタ。

■7:30■
まったく痛くない。しっかり朝食を平らげ(しかももの足りない)またウトウト。ゲームしてたからなぁ、眠いんだよなー。ウトウト。

■9:00■
看護婦さんに声をかけられまた起きた。は!つまりまた寝てたのか!!「先生が見えてるので一度検診に降りてくださいね」

■9:20■
内診台で先生に赤ちゃんの降り具合と子宮口をチェックしてもらう。
「あー、赤ちゃんはもうしっかり降りてきてるし子宮口も5~6cmくらい開いてるねー。」
「そーですかー。」
「もういつでも大丈夫だからこのまま産んじゃいましょう。」
「へ?」
「陣痛がつかないからきっかけが作れないんですよ。促進剤をちょっとだけ入れますからね。病室へ戻って待っててください。」
おお。いよいよか。今までちっとも痛くなかったのに子宮口5cmだって?それくらい開く頃ってもう結構痛いんじゃないのか?!とりあえず旦那にメール、メール。旦那すぐに病院へ駆けつけてくれた。

■10;00■
病室に先生がやってきてなにやら点滴の中身を替えていた。そして機械も取り付けられボタン操作。
「今から促進剤を入れますからね、ちょっとずつ量を調節してくから痛みがきますよ」
いつまでも落ち着いてる。なんかこの先生だと妙に安心できるんだよな。

■10:10■
キタキタキタキターーー!!!これは痛いぞ。痛い。痛い。痛いぞーーー!!という痛みが急に来た。それまで無痛に近かったので覚悟ができてない。5分置くらいでしっかりばっちり痛い!まさしく陣痛!!という痛み。ここから急に次に来る痛みとの戦いに入った。

■11:00■
痛みを逃すためになんだっけ?ラマーズ法!?!?しらねー。練習なんてしてない!本能で何とかなる!と自己流呼吸法でひたすら息を吐くことに集中。最後まで呼吸のことは看護婦さんに注意されなかったな。何でもこの日助産婦さんが来る日だったらしく「もうすぐ来ますからね、安心してね」と看護婦さんたちが口々に言っていた。

■11:00■
陣痛が来る気配があると
「きたきたきたきたきたきたきたきた!」
そして、陣痛中は
「大変、大変、大変、大変、大変、大変~~。」
とこれを延々と繰り返し言っていたのはよく覚えている。いや、むしろこの二つの言葉以外には何も言っていなかったような気もする。余裕なし。でも旦那は陣痛の度に時間を計ってくれたり腰を押してくれたりしてホントいてくれてよかった。

■11:30■
もう耐えられない!!というような痛みが続く。痛いけどでもなんか楽しいような気分にもなっていた。きっと脳内麻薬がドパドパ出てたんだろう。そして例の助産婦とやらが到着。これがウザかった!!!「マダマダよ。」みたいなノリ。「お前が生むんじゃねーーー!!」と張っ倒したくなる衝動に駆られるが(←もうただの動物)我慢我慢。ここでどうしてもおしっこがしたくなったので陣痛の隙を縫って何とか用を足す。トイレからはもう自力で動けなくなってしまい、看護婦さんに支えられながら病室に戻るも、ベッドまでなかなかたどり着けなかった。

■11:50■
先生がバタバタと駆けつける。そのまま病室のベッドで内診。「9cm・・・もうそろそろかな。」
そしてドパーー!と破水。
「いきみたい感じする?」
正直「いきみたい」って今でも良くわからないが、もうとにかく耐えられないので何とかしてくれ!という願いを込めて「いきみたいです。いきみたいです。」と大ホラを吹く。
「では分娩室に移動しましょう」
この一言でなんかもうゴールが見えた気がしていた。甘かった。そしてこの頃は旦那がいようがいまいが関係ない状態。

■12:00■
分娩室に移動する頃には陣痛の間隔も1~2分と短いので分娩台に上がるまでも何度も痛みの波が来た。上がったら上がったで「いきむ」ってどうしたらいいのかわからず、ひたすら痛みが来るとウン○を踏ん張る感じで力を入れる。最初は順調だったのだが、痛みがもっともっとピークに達する頃には痛みから逃げたくてうまく踏ん張れない!!そして分娩台の上でも
「きたきたきたきたきたきた」
「イタイイタイイタイ」
「大変、大変、大変、大変」
と壊れたレコード(あ、年代が)のように繰り返していたのは覚えている。

■12:57■
最後に時計を見たのがこの時間だったからはっきり覚えている。もう駄目だー。と思ったころ先生が
「・・・疲れちゃった?」
と子供に話しかけるように言ってくれた。
「ハイ。」
即答。
「じゃあちょっとだけ手伝ってあげるからね。」
きっと何か最後の裏業があるに違いないと期待した直後
「$#うrG=XG☆+$RO%!!!!!!」
言葉にならない叫びを発したのは多分これが人生で最初で最後だと思う。というくらいの激痛と悲鳴。自分でもびっくり。後で吸引機(トイレ掃除のカッポンみたいなやつ)を入れた痛みだったと判明。更に
「叫ばなーーーーい!!」
と両サイドから看護婦さんに押さえつけられたのにもびっくり。そして次の陣痛の波が来た時、まさしく何十年も大事に暖めていた固ーーーいウン○が出てくるような感覚が。
「はーい、頭が見えたよー!もう一回がんばってーー。」
2回いきんで最後はツルンと出てきました。

■13:05■
2538gの女の子を無事出産。
そして母子手帳には12:05出産と記されているw

この瞬間に「終わったーーーーー!!」と思ったね。
股の間から見えたわが子はチアノーゼでも起こしてるのか?というような紫色で気味が悪かった。娘よゴメン。だってそう思ったんだもん。そして旦那よ、分娩室に入る頃にはいてもいなくても関係ないって感じだったけど立ち会ってくれてありがとう。

一瞬の間にもっともっといろんな細かい事件があったけど書ききれないね。でも不思議なのは今思い出しても痛かったはずなのに「楽しかった」という印象が一番強いw絶対変な脳内麻薬がドバドバ出てたと思う。









レッテル。

ワタクシどうやら図書館が好きな模様。今日も仕事の帰りにふらっと図書館へ。

図書館が好きな人のイメージ

■物静かな人
■勉強家
■文学少女

勝手にそんなイメージを抱いていたけど全てが自分に当てはまらない!!しかもさっき気づいたけど小学校、中学校、高校、大学、独身一人暮らし、結婚後、出産後、いつでもどこでも図書館に足しげく通っているじゃまいか。月に2回は行く場所だなぁ。

図書館が好きという人物像と自分のイメージがあまりにかけ離れていて31歳にして初めて気づいた事実。そうか、あたしは図書館が好きなのか。そうか、そうか。と妙な納得をした日。

ちなみになんで好きかというと「ウザい人種がいない場所」だから。
あとは「自分発見」。意外な自分を知る場所なんだよね。




カッコイイ女性

仕事でマナーセミナーの講師の女性と一緒にランチをした。
小学2年の子供がいても全国を飛び回って仕事してるそう。
もっともっともっと話が聞きたい!!と思ったけど時間切れ。
去年の10月に事業を始めフリーランスで仕事してるそうな。

仕事=好きなこと、フリー。

これがワタクシの目標なのですごく刺激を受けました。
格好いいなぁ。そう素直に尊敬できる感じ、久々にそんな人に会いました♪

「子供?産みっぱなし(笑)。」

そうサラリと言ってのける自信がまた素敵~!!
そしてそんな素敵な女性にいつかなるぞと誓ってみたり。



ほっ。

20070117164028

頑張ってる自分へ、プチご褒美。

この時間がないとダメだね!

ツイてない日。

朝からすべてのことが悪い方へ悪い方へ転がり落ちてくそんな日。
まさしく今日がそんな日でした。
当然イライラすることが多くてそれがまた事件を誘発!みたいな。

ぐあぁぁぁぁーーー!!!

これから娘を寝かしつけてようやく一日が終わろとしてるけど
素直に終わらせてくれるだろうか???

ただ、これまた不思議なことにそういう日って必ず一日だけで終わるんだよね。
なんでか。





ぐぁ!

今年ワタクシ本厄じゃまいか。

という事実に時々気づいてしまう。
そしてすぐに忘れるw


捨て魔。

なんというか日々のなかでバイオリズムってのがあって「美人強化月間」とか「お買い物モード」とか「模様替え月間」とか「お出かけ気分」とか、まぁイロイロ。

最近「捨て魔モード」入ってます。

ここに越してきて8ヶ月半。新築の賃貸だったので綺麗でいいわーなんて思ってたんだけど、やっぱり掃除しないと汚れるんですね。(←当たり前だ!)娘はまだ1歳8ヶ月。手もかかるし、仕事もしてるし、なんだか家の中がカオス!!部屋が汚いとすんごいストレスなので、ちまちま掃除はしてたんですが。なんか年末あたりにキレたっぽい。

目に付いた細々したものを片っ端からポイポイポイ。
捨て始めると止まらない~~~~!!快感!!
勢いに乗って娘の気に入ってないおもちゃも勝手に捨てたら後でバレて凹ませたとかいうのは内緒♪
あとは今日梱包した友達に借りてたマンガ(結構大量)を明日にでもゆうぱっくするか。

天才と秀才と凡人。

努力せずして成功する人がいる。生まれ持った資質と環境と時代背景と、なんかイロイロ運が良い人。多分これが天才。生み出す作品も「溢れ出てる」感がビシビシ伝わる感じ。それが天才。

努力の結果成功する人がいる。好きだとういう気持ちだけで必死に努力をし、資質も環境も時代背景も、なんかイロイロ運が悪い人。多分これが秀才。生み出す作品は「苦悩してる」感がヒシヒシ伝わる感じ。それが秀才。

アタクシ個人的には前者がモーツァルト後者がベートーベンみたいな。
・・・そしてどっちも素敵だと思う。憧れる。それが凡人。

いや、こないだうたばん特集で井上揚水と奥田民生が出てて、ふと感じたこと。



あ。

家出。

夜になって衝動的に「時之栖」まで一家で逃亡。
なんかこー、衝動的に家出がしたくなるじゃないですか。たまに。
今回で二度目だったけどやっぱり美しい!!
今日は旦那の携帯カメラなのでいつもよりはちょっとマシ?
とにかくアタクシ何を撮影するにも接写が好きな模様。

子供がいなきゃー、もっとじっくり撮影してたのに!ちぃっ。

↓クリックで拡大↓
CA320015.jpg

トマトのお雑煮

20070111210706


思い付きでお正月に貰ったおもちを洋風雑煮にしてみた。
とろとろのおもちにとろけるチーズもたっぷり。黒胡椒も。
思いつき、というか買い物が面倒であり合わせで何とかしようという癖・・・ごくたまにギネス級激マズなものができたり。
今回は想像通りの味になってくれたのでヨシ。

激ウマー!




アイスです。

PA0_0007.jpg




PA0_0006.jpg



PA0_0005.jpg




なんかネタが思いつかないのでまた今度。

会いたい人

今年は会いたい、と思ったら会いに行く!!
年末年始に会いたい人に会えた。
今週末また別の会いたい人に約束をした。
春先くらいになったら一緒に旅行したい人もいる。
・・・でもそれくらいか?

なんて会いたい人の少ないヤツなんだ、あたし。

時々ね「家族に会いたい」って思える環境に身を
置きたいなぁって思うおー。



かわいすぎ。

たまには娘のネタでも書くか。ということで。
正月早々オープンしたばかりのショッピングモールに
出かけてみた。吹き抜けの3Fから下のフロアを見ると
く・・・黒い海?!い、いや、これは日本人の頭髪か!!
みたいな。


激混みでした。


人ごみが苦手なので早々に退散。
でもチャイハネだけは見ないと帰れないぃぃぃ!!
そこで一目惚れ。即買い(実際は30秒は悩んだけど)。
娘用の冬のニット帽。

↓コレ↓(写真左側のフラミンゴらしき子に撃たれた)

PA0_0000.jpg



って、ぜんぜん娘のネタじゃないじゃんよ、ヲイ。


プロフィール

もも

Author:もも
■新米ネイリスト。

■旦那、娘、猫2匹の5人(?)家族。

■ボーっとするのが好き。

■ちまちまと地味な作業に熱中する傾向あり。

■野望は数限りなく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。