スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイプルクッキー

2011061801.jpg

久々にお菓子作りをしてみました。
ネイルを始めてからほとんど作らなくなっていた手作りお菓子たち。
そんな時間があったらネイルの練習したいわ!ってのもあるし
お菓子の生地というのは柔らかいものなのでネイル長いと掘るからってのもあるし。
パン作りなんて・・・今更あんなに手間暇かかるものを作れません。
ホームベーカリーはちょっと欲しい。


今日は動物園に行こう!という話になっていたのですが
雨が降ってしまい断念・・・機嫌を損ねた娘へのご機嫌取りで
お家でできる何か、ってことでクッキー作りになりました。

小さいお子さんのいる家庭では梅雨時、キーキー五月蠅い元気な子供を
どうやって鎮めているんでしょうか・・・正直ストレスw

レシピは必殺クックパッド

何と言っても贅沢に使うメイプルシロップ!!!
ワタシ、糖類の中で一番好きなのがメイプルシロップで
高級品なのですが絶対に冷蔵庫に欠かさず置いてます。
ライトの高級品よりミディアムくらいの雑味があるほうが好き。←貧乏舌w
ミディアムでも十分我が家にとっては高級食品の部類ですが・・・ダブダブ使いたい。
カナダのメイプル祭りに参加してボウルで飲み干したいくらい好きです。
かつてメイプル祭りで(正式名称かは謎)現地の人たちが
深さのあるお皿にだぶだぶに満たされたメイプルシロップで
焼き豚を食べている映像を見て以来、憧れのお祭りですw

って話がそれましたが。
アシスタントの娘の役といえば、テーブルにこぼれたお砂糖を舐めたり
最後にボウルに残った生地を舐めたり・・・動物的なお手伝いw
お育ちが知れちゃいますよ~!!!

サイトでは160度のオーブンで12~15分とありますが
ワタシはクッキーってちょっと焼きすぎぐらいが好きで
2度目に170度で15分焼いたちょっとカリっとした感じが好みでした。
旦那曰く「オリエンタルランドのお菓子みたい」だそうでw
まさにそんな感じでとっても美味しくできました!

現在、おやつに頂いてほとんど残っていません。
ハイエナ一家w
手作りお菓子に優雅な午後のティータイム・・・憧れですが
現実は焼いた先からかっさらわれ、黙々と食べてしまうのでした。
スポンサーサイト

イクラの醤油漬け

食べ物ネタは人気があるようなので
我が家のイクラの醤油漬けレシピを。

生の筋子は毎年9~11月くらいにスーパーの鮮魚売り場に出回ります。
ただし、いつでも置いてあるわけではなく
雌の卵を抱えた鮭をさばいた時の副産物的な感じで
生鮭の切り身の隣に2~3パック置いてあるパターンが多いです。
スーパーのチラシなんかが手に入る人は
「生鮭特売!」とかの日だと手に入りやすいのかもw

相場はどうやら398円/100g・・・らしい。
時期によっては高かったり、安かったり。


この生の筋子が手に入ったらレッツクッキング!
や、もはやクッキングというよりサバイバル!!
レッツサバイバル~♪
生もの触れない人は絶対無理です。
不可能です、辞めてください。


①ヤカンにお湯を沸かします。
 電気ポットでも大丈夫。
 なんでもいいのでお湯を沸かしてください。

②60℃のお湯を大きめのボウルにたっぷり注ぎます。
 (人によってはここに塩を少々加えるらしいが、面倒なので省く)
 本能で料理するのでワタシの湯加減は手を入れて「あち」くらい=60℃
 そこへ買ってきた筋子をドボン。
 5分ほど放置。
 気になるけど放置。
 触っても問題ないけど、その後の手順に変わりはありませんので。

③しばらくすると筋子の一番外側の薄皮が白く変色してきます。
 そしたらあちちを我慢しつつお湯の中でやさしくほぐします。
 結構かんたんにパラパラとほぐれます。
 指の腹でやさしく撫でるようにすると結構あっさり全部ほぐれます。
 抜け殻になった皮の部分を捨てつつ作業しましょう。

④ある程度綺麗にほぐれたら、濁ったお湯を捨てます。
 その中へ勢いよく水道水をジャーーと流し込み、上澄みを捨てます。
 上澄みに不要な膜みたいな皮が浮くので、綺麗になるまである程度繰り返します。
 まぁ、たいだい30回くらい?テキト-。気が済むまで洗ってください。
 このへんはお米を研ぐのに似てます。

⑤納得のいくまで洗ったら綺麗になった卵ちゃんをザルにあけます。
 で、テキトーに水を切ります。案外テキトーで大丈夫みたい。

⑥漬込み用のタッパーや器に卵ちゃんを移します。
 ある程度広さ、深さがあって、立ち上がりが垂直な容器が良いみたい。
 ワタシはコダワリもなく器で漬込んでラップしてます。

⑦味付け。
 我が家はシンプル派。酒1:醤油3くらいかなぁ?
 そんな割合で卵ちゃんが完全に浸かって頭がちょいと出るくらいまで入れます。
 ヒタヒタ、って感じ。
 味が足りない時は後から足せますので。
 出汁や味醂を入れたものを頂いたこともあります。
 ワタシは出汁入りダメ。
 鰹や昆布の香りでイクラの香りが消えてしまう気がして勿体ない。
 味つけは各家庭で工夫するところだと思うので毎年試行錯誤してくださいね♪


 
冷蔵庫に入れて6時間くらいから美味しく頂けます♪
我が家は夜に仕込んで、朝ご飯にたっぷり頂くのです♪
幸せな朝ーー。
歯磨きはきちんとしてね。
口の中が生臭くなりますw


北海道出身の友達からの情報では出回る時期に大量に買い込んで
2㎏とか、そんな単位で仕込むそうです。
冷凍保存できるので、その後冬場もちびちび解凍しつつ頂くとか。
沢山手に入る方はトライしてみて下さいね~♪
 


熊はグルメ

2010110101.jpg

秋です。
食欲の秋です。
旦那に「天高くもも肥ゆる秋」と言われ。
食べ物が美味しい季節ですね~♪

秋といえば美味しいものが色々とありますが
絶対に外せないのが「イクラの醤油漬け」!
生の筋子はこの時期にしか出回らないので
見かける度に即買いしますよw
自宅で漬け込めば「好き放題、食べ放題」!!
家族3人ともイクラは大好物です。

子供の頃から母が毎年、魚屋さんにお願いして
仕入れを待ってでも仕込んでくれていて、楽しみでした。
どこの家庭でも普通に漬け込むものだと思ってたw
北海道出身の友達は「毎年仕込むし、庶民の食べ物」
だって言ってたなぁ。
きっとハイシーズンはすごい安いんだろうね。

10月は保育園のイベント目白押し。
早起きしたりお弁当作ったり。
仕事は忙しいし、なんだか急に寒くなるし、
お休みの度に必ず雨は降ってるし、
色々と「間に合ってない」感が。
食も間に合ってない~~!!
まだ秋刀魚食べてないのよ、悲しすぎる・・・。

10月はほんと記憶のないまま終わった・・・。
11月はもうちょっとペースを落としていきたいなぁ。
ボ~~~ッとしたい。

ポルチーニ

s-799px-Boletus_edulis_(Tillegem).jpg

食欲の秋~♪
秋の味覚、秋の食材大好き。
写真は「ポルチーニ茸」検索して最初に出てきたのがwiki。
そこの画像があまりにも可愛い&綺麗だったので拝借!
おとぎ話みたいなビジュアル可愛い~~♪



で、我が家で人気のメニュー、ポルチーニ茸のクリームパスタ。
クリーム系のパスタは秋~冬限定でしか作らないけど
(気分的に春夏は食べたいと思わないし)
先日「コストコ価格」な乾燥ポルチーニを旦那が発見。
迷わずゲットです♪


2010102101.jpg

この一冬分まかなえそうなボリューム250g!
乾物の250gって相当量だよね。
携帯を比較対象に置いてみたけど・・・わかるかな。
すごい量です。
早速パスタにしていただきましたよ♪
独特の、なんだろ、醤油・・・?みたいな香りが
日本人には馴染みやすい味なんだと。
フレッシュなポルチーニ食べてみたいなぁ。
イグチ科らしいので、きっと美味しいに違いない。
イグチ科のキノコは傘の裏(なんてゆーの?)が
スポンジみたいにプツプツ穴が空いていて
大きいものになると・・・リアルにキモいですw

また大勢でキノコ狩り行きたいなぁ~。
山の中歩きたい。

-----------------------------------------------------


サロンのスタッフIちゃんが急病で倒れてしまい
代理出勤なんかもあってばたばたしてます。
娘も保育園で運動会、遠足で早朝からお弁当作りなどなど。
日々の生活を振り返ってる余裕もなく過ぎていく・・・。
そして右手の親指、ジェルがもうリフトしてきてるし。
リペアのタイミングって10本一緒にならないのが悲しい。

今日はなんだか寒いので(うちが山奥だからか?)
あったかいお風呂に娘と一緒にのんび~り入ろう♪
ま、湯船の中おもちゃだらけで優雅さのカケラもないですが。
好きなアロマでバスソルト作って入れるかな。

ミートソース

P1060144.jpg

最近朝晩が涼しくなってきてちょっと復活!!
もうねー、夏は毎年「生きてればいいや」なので
特に今年は「生きてたらラッキー」くらいの。

一年で一番元気でウキウキワクワクするのが秋。
10~11月くらいなんて最高に元気ですw


で、ちょっと涼しくなってきてよーやっと
「まともな料理」できるようになりました。
この夏、一体何食べて生きてたかも思い出せないくらい
まともな料理してないなー。
娘には保育園で栄養摂ってきてもらってた感じ?
もうね、火を使いたくなかった。
外食率も上がってたせいかお肌も疲れてます。


秋冬の我が家の定番。
ミートソース。
ボロネーゼとかそーゆー格好良いもんじゃなくて
ミートソース。
ママの味的なw

写真とは別に鍋に
たっぷりのオリーブオイルとにんにくと鷹の爪。
お肉は牛肉のほうが味が出て好きなんだけど
家になかったので豚挽肉。
ちょっと丸い味になります。

ミートソースとか餃子って
「各家庭で全然レシピが違うのにどれもそれぞれ美味しい」
代表格なような気がします。

ワタシの作るミートソースは野菜メイン。
なので旦那には物足りなくなりがちなので
オリーブオイルはドブドブ使います。

実家の母のレシピでは「干し椎茸」入れるんです。
これ!!
もう絶対皆さんも入れてみてください!!
いきなり高級っぽい味になるから!!
日本人だからかなぁ。
コクが全然違います。
全体量の1割くらい入ってれば大丈夫かな?
だいたい、いつもテキトー。

姉から伝授されたローテーションメニューとして
一日目は普通にパスタでミートソース。
二日目はタコスシーズニングを入れてタコライス。
大量に作って更にお弁当用にオムライスにしたりも。
一回たっぷり作っておけば2~3日サボれるのでオススメ。
タコスシーズニングを入れなければ離乳食の完了期の
赤ちゃんにも大丈夫ですよん♪
(作り置きの発端はこのあたりだった気が・・・)

おサボり&在庫整理メニューのカレーに飽きたら是非!


もうちょっと涼しくなったらバターサンド作りたいなぁ。
ラムレーズン仕込んでおかないと。
手作りお菓子をお客様にお出しするのがちょっとした夢。

ミントティー

2010091104.jpg

ルピシアのシエラザード買いました。
先日のセミナーで出していただいたお茶だったのだけど
あまりもの衝撃的な美味しさ(ドンツボ)に
メーカーと商品名を伺ったのです。
で、速攻買いに。こーゆのは早いw

静岡育ちだからか、緑茶が好きです。
日本のものはもちろん、中国でも台湾でも緑茶が好き。
もちろん紅茶やウーロン茶、プーアル茶も好きですけど。
ハーブティーも好きですけど・・・ってかお茶が好きなのか。



お茶はそのものが良いものでも入れ方間違うと台無し。
で、このお茶は緑茶ベースなので断然水出しがお勧め。
もうねー、完全ノックアウト。
ルピシア(当時はレピシエ?)に出会ってから
フレーバーティーが大好きになったくらい
ここのフレーバーは計算されてるなぁって思う。
レベルの高い調香師さんがバックにいるんだろうな。
(日本の調香師さんの殆どは食品関係にお勤めするそう)

香りモノは好き嫌いがあるものなので
ここでワタシが個人的な好みを語っても
実際に飲んでみないとわからないと思うけど。
しかも時期的にはもう秋物売ってるけどw

ショップスタッフさんに聞いてみたら
期間限定商品ではなく、定番として売り出されてるそうです。
限定品だったらお店にあったの買い占めようと思ってました。
それくらい惚れた。

美味しいな、と思うお茶は結構あるけど
これは「芸術だわ~~~!!」と思う絶妙な香りバランスなの。
最初はフレッシュなグレープフルーツが全面に出て
次にほのかにミント、でも最後に残るのは緑茶。
ほんと芸術です。


興奮の余りブログまでしちゃいました。
超ど庶民のワタシには毎日ガブ飲みはできないお値段だけど
やっぱり「今日はご褒美に」っていうお茶を
いくつかストックしておく生活はいいね♪
そしてお客様にはこーゆー「芸術的なお茶」を
きちんとお出ししたいものです。

プロフィール

もも

Author:もも
■新米ネイリスト。

■旦那、娘、猫2匹の5人(?)家族。

■ボーっとするのが好き。

■ちまちまと地味な作業に熱中する傾向あり。

■野望は数限りなく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。